そして、神戸

夏期休暇で神戸に行ったので、神戸のことを書く。


神戸を初めて訪れたのは、震災の3年後、1998年の夏のことだった。それは、幼稚園時代からの親友(表向きはそういうことにしているが、実際に親しくなったのは中学生の時である)を訪ねての旅であった。今思い返してみると、初めての一人旅であった。詳しく覚えていないが、友人宅に1週間近く滞在したと思う。遠出はせず、ほぼ三ノ宮近辺で過ごし、やたらとビリヤードをした記憶がある。そして、当時の神戸はまだ震災の爪痕が随所に残っており、いわゆる仮設住宅もたくさん建ち並んでいた。


次に訪れたのは、その1年後1999年である。この時は、京都と大阪がメインだったので神戸には1日だけ、正確には一晩だけ滞在した。このときも親友宅に泊まった。
ただ部屋で明け方までお酒を飲んだだけ。神戸の街には出ていない。


その後しばらくは、神戸を訪れることはなかった。

2003年、すでに大学を卒業し社会人になっていた。
いろいろな地域へ出張で行くことがあったが、神戸に行くことはなかったので、この時初めて神戸へ出張で行った。
神戸に着いたのがすでに夕方を過ぎており、時間も無かったので新神戸からタクシーで客先に向かった。そのとき、大学時代に親友が住んでいたアパート、あのとき一週間滞在したアパートの側を通った。妙に懐かしいのと、偶然(偶然は無い。必然のみ、と思うけど。)の引き起こす力を感じた。

それから、十数年、仕事で頻繁に神戸を訪れている。


さて、本題、神戸について、である。

生まれてからずっと山口に住んでいる。山口は住みやすいと思う。
東京に住んだり、広島や博多に長期滞在したこともあるが、山口の次に好きな街は神戸である。

いや、博多も好きだ。

東京も悪くない。

ま、「住めば都」とはよく言ったものである。

『夢』

夢を見た。

メガネが壊れる夢を見た。


ファミレスみたいなところでご飯を食べていた。
なんか視界がおかしいなと、ふとメガネを外して見てみると鼻当ての部分が完全に曲がっていて、取れそうになっていた。少し触ってみると、完全に取れてしまった。再びかけてみると、フレームが直接鼻にあたり痛い。ジョンレノンのメガネみたいになってしまった。
とりあえず修理するしかないかなと思っていたら、一緒にご飯を食べていた人(中学からの友人で、額にホクロがあるメガネをかけている人。どういう経緯で一緒に食事をしているのか不明。)が、僕の考えを読んだように「999.9ってこの近くにないんじゃない?」と言ってきた。
とりあえずの応急処置ならどこでもできるだろうと、Googleマップで調べてみると(Googleマップを起動するのに10回ぐらい失敗した。夢の中では普段の何気ないことも凄く時間がかかることが多くもどかしい。)、一番近いメガネ屋さんが徒歩で7キロ。むむむ、微妙な距離である。


というところで夢は終わった。
終わったというか、この場面しか覚えていない。

この夢は何を示唆しているのか。

以前は、仕事用の鞄には予備のメガネを入れていた。しかし、999.9は頑丈(過去に使用していたメガネに比べて非常に壊れにくいと思う。)だし、荷物が増えるので今は予備を持ち歩いていない。

来週は2泊3日の出張があるのだが、予備のメガネを持って行った方が良いと言うことだろうか。

長渕剛ライブの事 2015.8.22-23

あれから約1年3ヶ月が経った。
興奮冷めやらぬというタイミングでもないし、記憶が完全に風化し美化されてきたという時期でもない。まだ評価をするのは難しいところだが、一度文章にしておこうと思う。

長渕剛がオールナイトライブを行うと知った時、今回はK氏と行こうと決めた。2004年の桜島オールナイトライブの時は、K氏の仕事の都合があり、一緒に行けなかったからだ。K氏とは幼稚園時代からの付き合いがあるが、特に親しくなったのは中学生時分、お互いが長渕剛ファンになってからではないかと思う。当時はカセットテープを貸し借りして聴き(と言っても、私が一方的に貸していたのだが)、そしてわざわざ部活後に2人で電車に乗って、発売日にアルバム『JAPAN』を買いに行ったのを覚えている。

そんなファン歴の集大成が、2002年の横浜スタジアムライブ(これは、K氏と行った)であり、2004年の桜島オールナイトライブとなるはずであった。あれから11年、リベンジの意味で今回のライブへ行こうと決めた。ある意味節目になるであろう2015年に、このライブに行ったのは、結果から考えると非常に印象深く、何か運命的なものを感じずにはいられない。

さて、ライブに行くと決めてから、我々の専らの話題は、オープニング曲は何になるのだろうか、ということであった。CDやDVDで聴いたのも含めて、今までのライブで一番印象に残っているオープニングは、LIVE'89の『くそったれの人生』と桜島の『勇気の花』である。曲のイントロ、躍動感、さびの盛り上がり、全てをとってもオープニング曲に相応しいと思う。その後の議論や、意見については敢えてここで詳らかにしないが、このオープニングに関する議論と憶測は、ライブに行くまでのテンションを持続させる効果は多分にあったと思う。

新山口駅から新幹線に乗り、新神戸で乗り換えた。K氏は神戸に住んでいるので、そこで合流した。新幹線の指定席はほぼ予約で埋まっているため、同じ車両は取れなかった。合流するといっても、ゆっくりと話ができたのは、静岡についてからである。静岡駅で昼食を取り、軽く気合いを入れる意味でも、ビールを飲み乾杯した。付き合いが長いといっても、K氏と酒を飲むようになったのは、お互いが社会人になってから。特に、私が神戸に多く出張に行くようになってからだと思う。

さて、ライヴに関しては、様々なライヴレポートがあると思うので割愛するが、個人的な感想としては、桜島よりも良かったと思う。音響もセットリストも良かったと思うし、なにより富士から太陽が昇ったという結果は大きい。ライヴ後は、そのまま山口に帰らず新神戸まで移動し1泊した。クールダウンと反省会である。これは、いつも通りの神戸での宴だったので細かく書かないが、この反省会時点では冷静にライブについて振り返ることができなかったと記憶している。

さて、今回のライブと、この2015年夏から秋にかけてに起きたことについて顧みてみると、やはり何かに大きく突き動かされたと思うし、自らが作り出した大きな流れを感じずにはいられない。

『Captain of the Ship』は歌われなかったが、良い方向へ舵を取ることはできたのではないだろうか。

https://www.instagram.com/p/6rXKG6Gr2f/
凄い人なんすけど。 #長渕剛
https://www.instagram.com/p/6rdFuaGr9j/
すげえな。 #長渕剛
https://www.instagram.com/p/6rktI4Gr4E/
エラいことになっとるな。
https://www.instagram.com/p/6tXIBPGr9A/
帰りも大変な事に。 #長渕剛

眠気

私は眠気に弱い。ほぼどんなときでも負けてしまう。
逆に言えば、どんな所でも眠れるという特技を持っているともいえる。
しかしながら、飛行機の中でおそってくる眠気は、少し暴力的に思える。
飛行機に乗り込み、読もうと思っている文庫本を取り出し席に着く。そして、さて読もうというところまでは記憶があるのだが、気付くとすでに飛行機は離陸しているという事が多々ある。何度か目が覚め、本を読もうとするのだが、結局1ページも読めぬまま着陸するという事になる。

不思議なのは、それにも関わらず、機内サービスのコーヒーは飲んでいるという事である。

しかし、一体全体、何なんだろうあの眠気は。

旅に関する雑感

10年以上に渡って出張を繰り返していると、色んな感覚が麻痺しているようように思える。


まずはホテルの予約。
普通、旅行をする場合、ホテルの予約は遅くても10日前ぐらいにするのではないだろうか。僕が出張する場合にホテルの予約をするのは直前である。ひどいときには、当日に予約することもある。ただ、ホテル予約サイト経由だと、当日限定プランもあったりして、お得な時もあるけど。
次に、新幹線や飛行機。子供の頃、新幹線や飛行機に乗るのは一大イベントであったはずである。電車が入るかなり前から並んだりして、心を躍らせていたものである。今となっては、「指定席になのに並んでどうするんだ」的な感覚しか沸いてこないし、新幹線や飛行機も山手線と同じ緊張感で乗ってしまっている。
それは出張、つまり仕事だからだろうと思ってもみたが、普通の旅行をするときも、同じ緊張感なのである。だから、家族旅行で良いホテルが空いてなくて困ったこともある。


また、各地の色んな美味しいものが食べられて良いですねという話も良く聞く。しかしながら、美味しい物が食べられる店が開いている時間に帰れる事は少なく、コンビニで晩ご飯、あるいは居酒屋のチェーン店で食事をすることが多いのも事実である。コンビニはご当地色が極めて薄い、というかほぼゼロなので、非常に残念である。


そんな出張の楽しみといえば、地元色の強い居酒屋に1人で入ってみることである。ほとんどの場合「どこから来たの?」という話になって、色々盛り上がる。以前、宮崎で居酒屋に入ったときは、となりにいた人が、山口にいる僕の叔父さんを知っていて、それで盛り上がった。後日電話もかかってきた(それはそれで少し大変)。そういうのも出張の醍醐味ではないかと思う。


さて、最近考える理想の旅とは、やはり一人旅である。電車に一人で乗って移動し、時にはレンタカーも借りる。そして、酒、料理、風呂。
と言っても、次のリフレッシュ休暇まであと10年弱あるのだ。



旅をするのは、帰る家があるからだ。

トヘロス

福岡空港から飛行機(プロペラ機!)に乗って出雲へ飛んだ。
電車で行くと5時間かかるのに、1時間弱で着く。そんなに違うとは。

出雲での打ち合わせを済ませた後は、神戸へ。
いざ、特急『やくも』に乗って出発!と思ったら、人身事故で電車遅延だと。

予定より大きく遅れて神戸に着いたものの、ヘトヘトですな。

http://instagram.com/p/csR4t7Gryb/
出雲行き。プロペラ機。
http://instagram.com/p/ctG5HZmr_L/
やくも。小泉やくも。

今日は博多にて打ち合わせでした。
そして懇親会。
三次会まで盛り上がる必要はあるのだろうか。
若い子が熱く語っていたけど、俺もあの頃、熱く語れていたかな。